生活習慣病としての脂肪肝について

RSS
4月
28

17種の脂肪肝予防には食物を対がん

編者付記:あなたは知っているか?私たちは普段の生活の中でよく食べる果物野菜が抗がん予防効果、恐らくあなたをよく食べて分からないが人体にどんな作用があり、今日私達は詳しく知るそれら抗がん予防にもどんな働きましょう!

p> <いち,梨:唾液を分泌して、潤は乾いていて、熱を下げて、去痰.古代の医学の家に多く使われて食道がん、噴門がんや胃がん.『本草求元》はかつて紹介:治学業の衰えが少なく、食道がんになった;ナシの汁同人乳や砂糖きび汁、蘆根ジュース、童便、竹沥服の.『聖済総録」には治侧吐き気転食、薬物のない;大シドニーいちを丁香じゅうご粒突き刺さる梨内で,濡れ紙包み四五重、煮る調理済み食品の.それはくわえカロチン、ビタミンB 2、ビタミンCなど一定の予防作用があるため、梨は適切な鼻咽癌、喉癌、肺がん患者.

に、サンザシ:血行をよくすること化瘀鹿、化、食欲が出る消積を、同時には豊富なビタミンC.漢方医は、癌瘤は確実性の腫れている塊は气滞がち血瘀徴象、サンザシが血行をよくすること化淤、善消肉積を抑えることができ、またがん細胞の成長から、適当な癌瘤患者の治療.特に消化管や女性生殖システム悪性腫瘍患者は食欲不振時に適した.14個の癌の前兆の緑茶によって癌を防ぐにはあなた

を侵襲します

さん、キウイ:ビタミ、特にビタミンCの含有量の高いはみかんの12倍は、Appleのさんじゅう倍、ブドウのろくじゅう倍.近年の研究で実証して、キウイ?フルーツに含まれるある人体内のがんの治療法を遮断しニトロソアミンの活性物質を生成した為、良好な抗がん作用よんしよ補って、益の息、ナツメ:好みの血が豊富に含まれ、ビタミンB、C、Pやカロチンなど、特にビタミンC、Pの含有量が多い、皆はいろいろな果物(実)の冠.また、海外学者は大きいナツメに3類化合物、抗ガン有効成分として研究しており、ナツメには豊富な環リュー酸を含んで、抗ガン作用があると考えています.民間で多くの腫瘍の患者の手術、放射線治療や化学療法後で常に大きいナツメのかゆを食べて、あるいは黄耆で大きいナツメをとろ火で煮込んで、毎日大きいナツメのじゅうの、生黄耆さんじゅうグラム共とろ火で煮込んで煮.免疫機能を高めるために、腫瘍再発、移行は裨益.

p5、バナナ:性寒、味甘、解熱、通、大腸癌患者に対して,脂肪肝、とりわけ適している.現代医学研究によると、バナナは豊富な微量元素のマグネシウム、マグネシウムは癌予防作用を予防するという.1986年、中国医学科学院腫瘍研究所を発見して、バナナの抽出液、三種類の発ガン物質――アフラトキシンB1、よんしよ-ニトロキノリンN -オキシド、ベンゾ(a)ピレン、明らかにがんを抑える作用.日に13個の信号が癌を暗示する

体は13個の信号を暗示する

ろく、イチゴ適切な鼻咽癌、扁桃腺がん、喉癌、肺がん患者とこれらの癌患者食用放射線治療期間、唾液の分泌を促進して渇きをいやして肺を潤すことを受け取って、咳を止めて、利咽のどを潤す効果」

 4月 28th, 2017  
 生活習慣病  
 未分類  
   
 0 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です