生活習慣病としての脂肪肝について

RSS
6月
24

脂肪肝放し飼い両親

両親から武漢の翌日、外は雪、部屋についている電気ヒーター像一鉢の火、父親嫌というもの費電によると、もし家で、いくらか暖炉に薪……母が断たれた彼の考えはこのものが多いが、焼き薪は煙満屋……

分かり父胡馬北風に依る、そして次にこの話題で、父との話になった暖炉の茶缶、煮るの酒、灰の中に埋めて火のじゃがいも.父の気持ちがここにいないようで彼は、こんなに寒い日は、知らないの敵役猫はどのよう.

この問題を引っ張って私の気持ちも遠く.私は武漢にいた十年、それぞれ次の父と母が泊まりに来て、何回.彼らはいつも一人で家で殘しておく、照応作物、人情往来も敵役猫.今回は、彼らが一緒にここに正月は、思い切った.

私たちの考えは、彼らを迎えて楽しむ城まで、これからも、故郷へ帰りました.しかし、私達は考え言えなかった.

考えはいいけど、実行するのは全然そんなものじゃない.週末を除き、家は彼ら老夫婦.私と妻は出勤して、子供を学校には、朝に出かけ、夜になってから帰る.幸い、一匹の犬と朱さんに、高跳びを転がり彼ら独りよがりのさま、いくらかの笑い声を.

来数日昼ごろに家に帰って、私は彼らにご飯を作る.父は出勤は耕作して疲れて、私を要して休んで.そこで、私の職場で昼寝をする前に、電話で彼らが食べないと言って、回を食べましたか、トウモロコシとかジャガイモ煮インゲンか野菜豆腐煮は、実家の食べ方.

父は本を読むことが好きで、彼は本を読むとき、母はあるいは朱さんをからかって、あるいはベランダに座って草花.母の入った識字クラス、その後すっかり忘れてしまったので、彼女たちはよく.彼女は3つの子供はもう待って城に結婚して、彼女はやっと分かった:“もとを飼った3つの客よ!」

僕の言葉を聞いてとても感傷的になって.子供には都市の路上で、彼らは自らした踏み台.私達は毎年帰って見回して、しかし事実は、他人の家を多くの人が一堂に集まる、一家団欒の楽しみを享受する時、彼らは垂涎の分、そしておそらく子供に迷惑をかける.

一昨年母に転んで、半分に体が動かないが、なんと、彼らも言わなかったが.幸い私の電話で帰って、分かるのはどういうことで、すぐ届け県の病院の手伝いをさせて親友 .母は、この1回使ってそんなに多くのお金を、私はよく生きて数年、さもなくば、あなたもばからしいました……

一ヶ月後のある日、私と彼らは言った彼らは町の考え方に殘って、彼らは悪いとも言わない.

ある夜、父と私と彼は生死といえば、予備の墓地位置.彼は彼が死ねば町で、ぜひ>

 6月 24th, 2016  
 生活習慣病  
 未分類  
   
 0 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です