生活習慣病としての脂肪肝について

RSS
12月
05

脂肪肝の治療方法

脂肪肝とは、その名の通り、肝臓を構成している肝細胞に中性脂肪がたまる病気です。健康な肝臓でも中性脂肪を3~5%くらい含んでいますが、5%を超えた場合を脂肪肝といいます。日本では1980年頃より急激に脂肪肝が増加し、社会的に問題になっています。脂肪肝の主な原因とされる「肥満」「アルコール」「糖尿病」の三つのうち、アルコールと肥満が全体の原因のおよそ7割を占めています。そして脂肪肝の治療の基本は、食事療法と運動療法です。脂肪肝を直接治療する医薬品というものはなく、高脂血症を改善させるような薬や、糖尿病の改善に用いる薬のほか、漢方薬なども利用されます。

・脂肪肝の予防・改善方法は食事と運動が基本
脂肪肝は肝臓による脂肪の分解スピードよりも脂肪の摂取スピードが早いため脂肪が溜まっていくわけです。単純にダイエットと同じで予防するにしろ改善するにしろ脂肪の摂取量を減らすか脂肪を燃焼しやすくするかどちらかです。暴飲暴食をつつしみ規則正しい食生活と適度な運動、これですべての脂肪肝は改善できるといっても過言ではないわけです。

・アルコール性脂肪肝の改善
アルコール性脂肪肝とは、大量のアルコールを習慣的に、長期間飲酒したことによる肝臓の病気です。
お酒が好きでアルコール性脂肪肝である人の場合はアルコール類を控えることが必須であり、比較的軽症である場合を除けば禁酒することが必要となりますし、アルコール性肝炎の疑いがある場合にはアルコール類は原則禁止です。肝硬変など重篤な症状に進行する前に禁酒を心がけ、なるべく心身の過労や睡眠不足を避けましょう。

・規則正しい生活がもっとも効果的!
脂肪肝を治すには、「ライフスタイルの見直し」が必須です。症状の軽い、ごく初期の脂肪肝であれば、その気になれば改善すると言われています。バランスの良い食事や定期的かつ適度な運動、十分な休養と睡眠といった規則正しい生活習慣が何よりの治療です。食事については、肉やバターなどの動物性脂肪を減らして、中性脂肪を下げる作用を持つ青魚を摂取するといいとされています。運動は1日20分程度、軽く汗ばむ程度のウォーキングを週3回。

 12月 5th, 2016  
 生活習慣病  
 未分類  
   
 0 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です