生活習慣病としての脂肪肝について

RSS

脂肪肝の基本知識を説明したい!

脂肪肝の説明

脂肪肝とは、肝臓に脂肪が異常に蓄積されている状態です。肝細胞の30%以上に脂肪がたまっているということです。脂肪肝の症状はほとんどありませんが、脂肪がたまって肝臓の働きが悪くなっているということがあります。手遅れになってしまう前に対処することが重要です。

脂肪肝の症状

脂肪肝には、自覚症状がありません。それは、肝臓は再生能力に優れ、ダメージを受けても残った正常細胞が余分に働き、機能を維持するからです。肝臓は痛みなどの症状を出すことがあまりないので、そのため肝臓に異常があっても気付かないです。また、異常に気付いたときには病気がかなり進んでいることになったということがあります。そのため、定期的な健診を受けて、肝臓の数値を把握することが重要となります。

脂肪肝の原因

アルコールの飲みすぎることが脂肪肝になる重要な原因です。アルコールが原因の脂肪肝を『アルコール性脂肪肝』といいます。毎日3合以上の日本酒を飲む人の多くに脂肪肝が認められます。元来からだの中に入ったアルコールのほとんどは肝臓で解毒され、体の外へ排出されています。この解毒の過程で、また肝臓の働きに異常が生じることにより、肝臓中に脂肪が増えてたまっていきます。

また、肥満、糖尿病の人も脂肪肝になりやすいです。運動不足とファーストフードなどによる不規則な食事で、肝臓へ脂肪がたまる可能性もあります。

脂肪肝の危険性

そして、脂肪肝が進行すると、まずは脂肪性肝炎になる可能性があり、また、肝硬変になり、最後に肝がんになる可能性があるということです。

脂肪肝の改善

ライフスタイルを見直せば脂肪肝を改善することができます。

軽い脂肪肝であれば比較的簡単に改善します。原因が飲酒であれば量を減らすか禁酒をしたり、肥満が原因であればカロリー制限をしたり運動をして減量に努めます。適度な運動は治療効果を高めるので、ぜひ取り入れてください。

また、脂肪肝を治すため、生活習慣を改善しなければならなりません。たとえば、バランスの良い食事をしたり、定期的に適度な運動をしたり、分な休養と睡眠を取ったりすることから、脂肪肝を改善することができる可能性があります。

 9月 28th, 2017  
 生活習慣病