生活習慣病としての脂肪肝について

RSS
8月
02

土鍋の脂肪肝土鍋煮込み

Pの土鍋は、雲南料理特徴特徴Pp> <いち、民間のことわざ:盛暑犬肉を食べる避暑、三九日犬肉を食べる.この話はちょっとしてない.昔、犬は席だけではなく、また席上珍味.犬には上の席は宋代から.と《曲消旧聞》の記載に:"崇宁範を初め、虚上方’十二宮神、犬は戌位で、陛下本命.このみやこは犬を屠蘇者とする者があります.’ "宋徽宗に国を治めて安らかにするのアドバイスを聞き入れないがこの根も葉もないの諂いの語は非常に重視して、すぐ降旨杀狗禁止.これから、みやこ犬は死に絶え.清代は清代、満州族人伝説犬と烏はヌルハチの命を救ったので、犬肉を食べない.でも、民間食犬肉は代々受け継がれてきて.有名な画家の鄭板橋、食いしん坊で犬肉は、盐商嘘に自分の佳作.p/p

に、土鍋煮犬は、雲南文山ミャオ族の風味の有名な料理.この料理は金紅色、香りが濃い味醇、ジュース、サクサクアルコールは新鮮で犬肉原料に足を…500グラム,ミントは500グラム、ハッカ…100グラム、白砂糖…10グラム、干し唐辛子…25グラム、白酒、25グラム、白酒…10グラム、ネギ…10グラム、姜…じゅうグラム、八角…ろくグラム、ソウカ…10グラム、サンショウの粒…にグラム、塩…にじゅうグラム、なたね油…120 g、しょうゆ…20グラム、肉汁…150グラム【制作過程、犬肉を切っていち」よんしよセンチくらいの形は水で、リンスを2回、水気を.ハッカはきれいに洗い、嫩を摘み取る.p/p

に、鍋を火、注入菜種油、焼きの7割が暑い、苺、八角、花椒、砂糖、塩、干唐辛子段、ネギ、ショウガ、醤油、犬肉煸にじゅう分炒め、注入のスープを入れ、沸騰後の土鍋.土鍋はのぼせて,脂肪肝、白酒を2回に分けて加え、切り返して小さい火、とろ火で約いち時間,ダシ収稠時をのせ、ミントとともに、土鍋テーブル.注意:

に気をつけてくださいp> <いち.犬肉清水で血のついた跡をすすぎ、そしてきれい、熟している後に臭みが大幅に減り、肉の香り.p/p土鍋炉、大焼になり、火の遅い、というのは、犬肉を食べて、爛になります.p/p

さん.ミント後、パーマで、若经煮沸して、香りを失っ

 8月 2nd, 2017  
 生活習慣病  
 未分類  
   
 0 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です