生活習慣病としての脂肪肝について

RSS
4月
22

喜見脂肪肝農クリス洞爺湖マス村合作医療

秋の10月、クリスマス、国旗が翻る、国を挙げて同慶.今年は全国各民族人民を迎えた喜びに満ち、中華人民共和国60歳の誕生日、長江の南北の中華子女も思いきり歌い上げ、古くて若い祖国の深い祝福!時間は水のようです、歳月.またたく間に、六十年はすでに過去の栄光.この60年の閲覧一幕一幕、国の経済の急速な発展、安定、政治、社会が進歩して、民族団結.私たちの衣食住や生活環境、作業条件この60年間で起こっている大きな変化.私は中国最大の受益民衆、特に農民.改革開放という神聖な措置を脱した、彼らは物質の上の貧困、ともに・優遇政策の実施は、庶民の生活は滋味があって、栄えて;今だけは言及して改革開放のこのいくつの神聖な言葉、民衆が未来を見ることができる希望に満ちて、自信に満ちた眼差し.特に農村における新型合作医療の普及により農村貧困をいくつか、無子女の家庭を切り開いた脱病気も金条の道を治療、庶民から奪った死神の手に戻って.私の家は千万戸の一つと利益.

2005年、おばあさんは脳溢血で入った県の病院で、20日の医療費はガンダム一万元.その時、叔母はまだ大学医療費、叔母の学費は山のようにおさえて家族に.

外地で大学の叔母に知っているから、電話してお父さん、私はこの大学で読まない、授業料をお母さんに薬を買うだろう、きっと母の病気を治す、退学して、アルバイトをして.家の負担を軽減するために、おばあさんはまだ完全に回復して退院して騒いではない医師が治療薬を飲みたくない.おばあさんはずっと堅持して、口の中でずっとつぶやく私は昔、ドラッグさせないあなたも、暁菊に本を読み終わって、いい仕事を見つける.

日主治医病棟回診を見て、おばあさんに聞きたくないし、お婆さん:“お年寄りはどうして注射しないよ、注射しない病気はどうしていいのか?」おばあさんは、家でもないお金、私の娘はまだ大学、私はお金を使って、娘はどのように読書ですか?主治医は今は農村合作医療を実行した新型、規定通りにあなたの医療費を清算して60パーセントくらい、というように、あなたの病気にかからないでどのくらいのお金.本当ですか?おばあさんの喜びと.

まもなく、おばあさんは病気が全快して、退院後のおばあさんに会う人が講:党の政策はよかったですね、過去に羨望幹部医療や薬金を使わないで、今、薬を飲んでもお金がかからない農民診察.おばあさんはよく念を押す:子供は、今の党の政策がこんなに温かい、あなたがわかるに感謝なんだから、ちゃんと勉強して、将来はきっと祖国に尽力.おばあさんの話を聞いて、私は会心のうなずいた.」

 4月 22nd, 2016  
 生活習慣病  
 未分類  
   
 0 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です