生活習慣病としての脂肪肝について

RSS
9月
08

きゅう、く中医漢方薬は熱中症験方に医療あなたの脂肪肝安然度夏

暑い夏はまた、徐々に上昇している気温は、熱中症になりやすい、という漢方医は、暑気あたりの処方を治療してどれらがありますか?今日小編推薦は熱中症きゅう、く漢方処方、もし不調に従って、以下の処方を一定の治療の暑気を払う.

p> <いち.ロコンじゅうごグラム、石膏にじゅうグラム、ちも、竹の葉、麦冬の各じゅうごグラム、セッコクじゅうグラム、アマドコロじゅうグラム.水ソテー、毎日1剤、毎日3回.この方は、暑気あたりの高熱、のどが渇いて、イライラすることが適用されて.

に、カワミドリの葉,こうじゅ葉各じゅうグラム、ミントの葉をごグラム、ソウジュツじゅうグラム、姜半夏じゅうグラム、カラビャクシじゅうグラム.水ソテー、日一剤.毎日朝早く,脂肪肝、中、晩に3度の服.こちらは熱を下げて暑気を払って、内臓を強くする脳の効果.

さん.タルクさんじゅうグラム、甘草じゅうグラム、竜脳香いちグラム、モッコウ、降香、樸(姜制)各じゅうごグラム.薬を塗って細田にする.毎日3回、毎回6グラム.お湯で服を送る.この方は熱中症で発熱、息苦しくに適しない.

よんしよ.かんきょうじゅうごグラム,陳皮じゅうグラム、甘草ろくグラム、トウサイカチ0 . 漢方精力剤 5グラム.水のソテーはおからに行って、カスを入れるのは.この方は熱中症で昏倒患者に適用する.

 9月 8th, 2016  
 生活習慣病  
 未分類  
   
 0 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です